店舗デザインの考え方〜お客さん目線で考えよう〜

HOME>注目記事>良いイメージを持たれるために慎重に店舗デザインを考えるべし

良いイメージを持たれるために慎重に店舗デザインを考えるべし

店舗

外装のデザインはお客さんの目に止まるように

店舗デザインを考える際、まずは外装のデザインから取り掛かりましょう。外装はそのお店の顔です。何の特徴もないデザインだと、集客はできません。予めコンセプトを考えておき、そのコンセプトに見合った目立つデザインを考えると良いでしょう。

男の人と女の人

内装は外装のデザインと統一しよう

内装は外装以上に慎重にデザインを考えなければいけません。せっかくコンセプト通りの外観になったとしても、店舗内が外装と異なるテーマのデザインだったら、お客さんは違和感を感じるでしょう。必ず外装のデザインのテーマと同じものにしてください。また、スタッフが作業しやすくなるための動線についても考えておくと良いでしょう。

店舗づくりの大まかなフロー

店内

物件を選ぶ

不動産会社に協力を仰ぎながら店舗物件を探しましょう。なお、じっくりと検討しながら店舗物件を選ばないと、後々トラブルが発生する恐れがありますので注意してください。

店舗デザイン会社へ相談

物件が決まりましたら、店舗デザインをしてくれる会社の選定をしましょう。名古屋には、優良な会社が多いので、すぐに見つかると思います。会社の選定が終わりましたら、店舗デザインについてコンセプトや要望を伝えましょう。それをもとに、会社側はサンプルを作成します。

見積もりの提示

会社側は、サンプルと一緒に見積もりの作成をします。納得できるものかどうか、サンプルと見積書を隅々までチェックしましょう。分からないことがあれば、遠慮なく質問して疑問を払拭してください。

契約成立

デザインのサンプルや見積書の内容が納得のいくものでしたら、契約書にサインをします。後々トラブルを発生させないためにも、契約書の内容に不備がないか確認してください。

施工

契約書にサインをしましたら、いよいよ工事がスタートします。工事内容に問題がないかこまめに現場をチェックしておきましょう。現場監督や店舗デザイン会社と進捗確認のための打ち合わせをしておくと安心です。

広告募集中